IT点呼サービスで運行管理業務の負担低減

複数の拠点を持つことの多い運送関連の会社では乗務員の体調管理を行うことが非常に重要な課題となっています。多くの場合には各拠点の管理者が責任を持って行うことが必要になります。しかし実態としては拠点に管理者をそれぞれ配置することは人件費を大きく圧迫することになる事や、具体的な乗務員の体調管理の方法が法律で明確に規定されていないことも有り、その体調管理が実現されないケースも少なくありません。IT点呼サービスでは遠隔地の拠点の乗務員の体調管理をテレビ会議形式で実現する事が出来るので、実際に対面して管理ができるというメリットがあります。さらに、確認状況などを記録することが出来るので、過去の記録を遡って調査する際にも簡単に確認できることから、万が一の際の対応も迅速に可能になります。

遠隔拠点に対して対面で点呼ができます

IT点呼サービスのメリットはテレビ会議を使用して対面で点呼が出来ることです。点呼の目的は、基本的に対象の乗務員が出社しているかを確認するとともに、勤務の状況や体調を把握することですが、その際に管理者が対象者の顔色や状態を目で見て確認することで本人が無理をしていないか、過酷な労働条件になっていないかを確認することが重要です。しかし遠隔地の拠点では、管理者が直接拠点の乗務員の声を聞いたり、顔を見たりすることが出来ないことが多いため、拠点の責任者に依頼することが多く、そのため問題が発生した際に管理者が把握していないことが多いのです。遠隔地の乗務員に対して直接声を聞いて、顔色を見ながら会話ができることでその場で気になることを管理者が確認したり、場合によってはその場で乗務を止める指示を出すことが出来るというメリットがあります。

総合的な乗務員の管理ができます

拠点が非常に多い運送会社の場合には管理者がそれぞれの拠点の乗務員の健康状態を把握することは非常に難しいものです。その為、拠点ごとに責任者に委託することが多いのですが、その状況を把握することはなかなか難しい物があります。さらに、拠点の乗務員の健康管理や勤務状況を管理者が把握するためには拠点の担当者に確認することになりますが、その報告が有るまでは把握できないことになってしまう為です。IT点呼サービスを利用することで拠点の乗務員の状況をすぐに把握することが出来、また異常を感じた場合には直接拠点に連絡して当該乗務員と会話することが出来ます。管理者が直接本人の状態を、映像を通して確認できるので、体調に関する疑問を即座に解消できる点が大きなメリットです。また、アルコールに関するチェック機能も付加できるので、そのような状態の乗務員の乗務を排除することも可能になります。

お電話でのお問い合わせは月曜日~金曜日の10時~17時まで。 「勤怠管理」クラウド型サービスだから、いつでもどこでもネットで確認可能! 運送・物流業界も積極活用しています。導入実績は800社・1万台超え! クラウドサービスだから、インターネット経由でいつでもどこでもチェック可能。 法人様向けのクラウドサービスです。運行管理業務を総合的に支援します。 IT点呼サービスなら確実で効率的な業務をサポート