ノベルティについての紹介です

ノベルティの活用方法

食品をノベルティと捉えた販売促進プロモーションの効果と具体例

食品をテーマにしたノベルティは効果的です

食べることは、どんな人でも関心を寄せるテーマと言っていいでしょう。
どんな人でも興味をそそられることは、食品をノベルティという形で活用することにより、大勢の人に喜んでもらえる販売促進のプロモーションを実行できる可能性が考えられることを意味します。
非常に広いターゲット層を照準に定める販促は、ターゲットが絞られていないので、ノベルティを決めるのが非常に難しくなりがちといえます。
そういった点で、どんな人でも関心を持っている食品でしたら選定もしやすく、販促効果も望めます。

ばらまき用にどんな人にも好かれるお菓子がおすすめ

催し物で渡すなどの、ばらまき用のノベルティは効果的です。
数が多いケースがほとんどですから、相対的に低い単価を選定しましょう。
さらに、配布ターゲットとなる対象者が広範囲になりやすいので、どんな人にも感謝を受けるような食品を選択することが大切となります。
奨励は、チョコレート、あるいはせんべいなど常日頃から目にする可能性が高いお菓子です。
大人や子供も楽しむことが可能な王道といっていいでしょう。
予定している予算に合わせ、渡す個数をカスタマイズすることができます。
ほかにも、オリジナルパッケージを踏まえての供与や、せんべいそのものに焼き印を利用することによって自分の会社のロゴを入れられるサービスもあります。


また、キャンペーンに向け、景品を利用する方法があります。
くじの賞品やクローズドキャンペーンの当選者に対しての賞品ですから、通常では口に入れられないような豪華な食品を選出しましょう。
ひとつの例として、地方のよく知られている名産品などがあげられます。
そのほか、一カ月ごとに食品が家に届けられるサービスもプレミアム感があると考えられます。
採れたばかりのフルーツや野菜が月に一度届くサービスは、主婦に喜ばれます。

営業向けは多数で満足できる食品が効果的

それに加えて、営業の手土産としてのノベルティがあります。
歳暮などにおいて食品が活用されることが多いことからも認識できるとおり、食品に関してはプレゼントとして選定される確率が高いです。
その影響で、営業が日頃の感謝を詰め込んでクライアントに渡す手土産としても最適といえるでしょう。
加えて、渡す相手先の頭数に関しても確かめたいところです。
お勧めとしましては、菓子セットなど、複数で食べられるものをセレクトすると賢明といえます。
営業向けには大多数で楽しむことが可能な食品をプレゼントすることにより、良いイメージを持ってもらうことができるでしょう。

人気記事ランキング