docoですcarでIT点呼サービス利用

docoですcarというのは、ドライバーと車を一括で管理するサービスです。車両を会社で利用する際には、管理が必要です。特にドライバーの長距離移動などではドライバーの体調や、車の位置情報を知るということが重要になります。またアルコールの検知をする機器の貸し出しというのも行っています。基本的な管理に関してはスマホとの連動で可能なのですが、アルコールの検知などに関しては機器が必要で、現状ではスマホで行うということはできません。バス会社やトラック会社のトラブルというのは常にあるもので、日ごろニュースになっています。なかなか長距離を移動するというのは疲労が溜まりますし、どの会社も人手不足や費用が不足しているので、厳しい状況ということになります。

IT点呼はなんのために行うのか

IT点呼は車両やドライバーの管理に使えるものですが、カメラ通話を利用してドライバーの状態を把握するということも可能ですし、GPSとその履歴によって、車両が何時にどこにいたのかということを知ることもできます。ドライバーにもいろいろな人がいますし、パーキングエリアで寝てしまうというような場合もあるでしょう。そういった事情を、本社からクラウドサービスで把握できるというようなことになります。昔は電話での管理くらいしかできなかったのですが、現在はいろいろと便利になっています。タクシーなどはドライバーに運転以外の面でも危険がある場合があります。乗客との間にトラブルがあったり、乗客に襲われるという可能性もあります。なので、サービスを利用してそういったことを把握できます。

ドライバーとの連絡が重要ということ

長距離のトラックの運転で正常な判断能力を失うという場合もあります。これもよくニュースで見るような話ですが、行き先を間違えて、時間に間に合わなさそうだったので、荷物を海に捨てたというようなこともありました。こういった事情もGPS機能を利用して管理することが可能になります。これは非常に重要なことで、行き先を間違えていないか管理するということが必要で、行き先が違っていたら必ず電話でドライバーに確認するようなことが大切でしょう。こういったちょっとした配慮を行うことで、連携がうまくいくものでしょう。ただ悪用されるとドライバーに余計に負担がかかるということもあります。ちょっとした休憩も管理されることにはなるので、そういったデメリットもあります。どこにいてもばれるということです。