IT点呼サービスでできることとは

日常的に業務を遂行する上では点呼を行うことも多く、それによって出欠の確認を行ったりします。多くの企業でも実践されており、点呼では名前を呼んで、それに対する応答によって行われるのが基本です。ただ点呼自体の目的は、出欠の確認だけでなく、出席者の健康状態を見るという目的もあります。例えばトラックなどを運転される方や機械設備を動かす方は、業務上危険な作業にもなるため、精神状態や健康状態を対面者が確認します。IT点呼サービスでは、対面者と本人がIT機器で接続して点呼するサービスとなり、遠隔地でも健康状態などを確認できる方法として普及しています。しかし基本的に法的ルールとしては、一緒の現場で行うこととルールになっているため、厳しい条件でそれを代替措置として行われている実態があります。

具体的にどのように行っていくか

IT点呼を行う上では、高画質のモニターを活用したテレビ電話で行います。モニターの前に高性能カメラ設置し、お互いが画面上に映し出されてコミュニケーションを取る形になります。高画質でないと顔色の状況などを把握することが出来ないため、それは必ず必要となる機能です。またアルコールチェッカーという機器をその場で備えることで、飲酒していないかどうかの確認を送信されたデータで行うことも可能です。離れた場所でIT機器を用いて行うことができるため、わざわざ事業所まで顔を見せにくる必要はないメリットもあります。他のメリットとしては、その日の業務を終了するまで記録を残せたり、その動画での様子などをデータベース化することもできます。つまり何か問題が起こった時に、その点呼を行った時点まで溯って分析することが可能な点もあります。

定期的な業務の報告や緊急事態の発生で使用可能

IT点呼の優れた機能は、定期的な報告を事業所に戻ることなしに現地で行うことができることです。会社としても従業員が現地に居たまま、きめ細かい仕事の指示を出すことが出来たり、業務の進捗状況を会社が把握することにも優れています。また緊急事態が発生した時にもその機能を使うことができ、それにより速やかに事態の報告もできます。会社にとっても従業員の動きを把握しやすくなり、現地解散などの措置も講じれば働く人も働きやすく効果もあります。大きなメリットとしては、経費削減効果にも貢献することです。報告などのためにわざわざ事業所に戻る必要もないので、その分の移動代の負担を少なく済むことができます。他にもシステム化することで就業管理機能としても使用出来たり、各種問い合わせにも対応する形で使用できます。スマートフォンによる方法も実現しており、携帯端末を利用した方法が主流となってきています。