IT点呼サービスを利用する方法

トラックの運転手の方々は乗務開始と乗務終了の際に点検や健康状態の確認のために報告を行います。これは運行管理者に義務付けられたことであるため、基本的にはどこの会社でも行われています。しかし、この報告と確認作業を毎日対面で行うことは大きな負担となっています。また。点呼に関して書面などの顔の見えない形で行うことは原則として出来ません。そこで昨今話題となっているのがIT点呼というサービスです。IT点呼とはインターネットを活用することによって、テレビ電話のような感覚で点呼を行えるサービスであり、業務を大幅に効率化できる特徴を持っています。全日本トラックの協会が指定するGマークという資格を持つ事業所にてサービスが提供されており、高い人気を生んでいます。

優れた技術と利便性向上で運送会社をサポート

注意しなければならないのはITによる点呼を行える事業所は限られているので、その中から良心的なところと契約を結ぶことです。docoですcarはその中でも特に評判の良い車両管理会社です。docoですcarでは「car Guardian(ガーディアン)」と呼ばれる点呼サービスを提供しています。このサービスでは高精度なアルコール測定器を利用しているので、飲酒運転をしっかりと防ぐことができます。また、それらによって得られたデータはインターネット経由でいつでもどこでも確認することが可能となっています。そのため、体調不良のドライバーがどこにいるか、どんな状態かなど詳細に確認することが出来ます。ドライバーにとっても対面での点呼に比べれば、精神的な負担も軽くなります。docoですcarのホームページをチェックすればすぐにでも資料請求が可能です。

docoですcarのおすすめポイント

IT点呼は全日本トラック協会に認められている機器、方法を利用しなければならないルールになってしまいます。そのため、運送会社が独自に行っている点呼は法令に従っているかという不安が発生します。しかし、docoですcarでは専門のノウハウと機器を用いて正確な手段でITによる点呼を行います。それゆえ、法令遵守や点呼の正確性に関しても非常に優秀と言えます。そのため、体調不良や二日酔いのドライバーなどを起用してしまうこともなく、安全な業務運営が可能となります。加えて優良ではないドライバーが少量のアルコールを飲んでいた場合にもしっかりと検出できます。それらを原因とする懲戒や免職の際にも明白な根拠となるので、docoですcarのサービスを利用するのがおすすめです。また、点呼に関する業務は全てインターネット上で行えるため、利用しやすいのもポイントです。