IT点呼サービスdocoですcarとは

運行管理をどうしていくかは、運送業、配送業を経営する会社などからすれば頭の痛い問題となっています。特に近年はドライバーのトラブルが頻発し、安全性が大きく揺らぐような状態となっています。こうしたことから、点呼の形を大きく見直し、IT点呼と呼ばれるものが近年登場しています。その中でも、docoですcarと呼ばれるサービスが人気を集めています。車両の位置などを地図上にリアルタイムで表示するだけでなく、アルコールチェック、進捗管理、運行状況などを見ることができます。様々な業種への対応も可能であり、導入実績も豊富であることからも、次世代の点呼サービスとしての評価も高く、今後さらに注目を集めることが予想され、今のうちにその中身を知っておく必要があります。

docoですcarでできる点呼の一元管理

事業所で点呼をする場合、異常がないことを伝え、連絡事項を確認し、アルコールチェックなどを行って出発するというのが基本的な流れです。このため、対面での点呼が一般的とされてきましたが、アルコールチェック測定器を利用したIT点呼をdocoですcarでは行うことができます。アルコール測定器に息を吹きかけるタイミングで点呼を行えばスムーズに行うことができるだけでなく、テレビ電話を用いてチェックすることができます。そのため、離れた場所での点呼も可能となります。また、これらの記録はクラウドで一元管理され、本社の社員が事業所の点呼管理をすることができ、いつでもどこでもだれでも行うことが可能になります。これにより、点呼のし忘れや点呼の管理ミスなどを防ぐことができます。

安全運転の支援、管理にも応用できる

高速バスなどではIT点呼をすることによる安全性の向上だけでなく、安全運転支援、管理ということもdocoですcarを通じて行うことができます。急ブレーキや急ハンドルはトラブルの元であり、できれば防ぎたいものです。それを記録しておくことで、どのような運転傾向があるかがわかり、改善に努めることができます。運転傾向が分かればそれを是正し、一段と安全運転につなげ、安全性の向上に寄与します。また、お客さんにとってもメリットがあり、バスがどこを通っているかなどが一目でわかるようになっていきます。バスの遅延状態などを正確に判断することができるため、長く待たされてイライラするといったことがなくなります。事業者だけでなく、利用者にとっても便利なサービスとなっています。