ノベルティに大切なタイミング

販促の為のノベルティの配布におけるタイミングについて

配布するタイミングが重要になります

ノベルティにつきましては配るターゲットによりまして、選択すべき方法も異なれば、選択するべき商品も異なります。
常日頃から誰に配布するのかというターゲット選考や、どういったやり方で配布するのかというシーンに関して議論を重ね、一番効き目のある方法は何かと試行錯誤を重ねている人も多いと言えます。
しかしながら、配布にあたり、見落とされがちなことが、いつ配るのかというタイミングです。
ターゲットに渡すタイミングによりまして、効果も違いがあります。

ノベルティ配布のタイミングで効果が変わります

顧客が有益性を感じることのできる瞬間は、特典がもらえ、商品のおまけが付くなどの瞬間でしょう。
有益性は、適切なタイミングで、届けられています。
ひとつの例として、活用経験のない販売品の割引クーポンが送られても、販売品の良さを知らないことから、ディスカウントの価値を感じ取ることができません。
加えて、活用頻度の高い店より、来店の特典の通知が来ても、心理的に特典がなくても店に行くということで、特典のプレミアム感そのものが薄れます。
ですから、ノベルティの配布のタイミングで、効果が変わってしまうのです。


販売品、あるいはサービスを購入、用いた経験値を持たない利用者たちは、その存在価値や有益性を経験したことがないといえます。
そのタイミングで推し進めるべきノベルティを利用した販促につきましては、サンプリングを兼ねたものや来店の特典のテクニックが効果を発揮します。
また、顧客育成に関しても、まず第一に、販売品やサービスの優れたところを経験してもらわない事には始まりません。
とりあえずは買って貰う、来店していただくことを成し遂げるべき販促のタイミングでは、販売品を買い求めた人に配る景品や、来店時に配る来店特典で、セールスプロモーションのバックアップをすることが有用です。

経験している間の販促は付加価値が大切です

販売品やサービスの利用する時には、その本当の価値を更に心底感じてもらうことが重要になります。
同種同類の販売品やサービスが非常に多い時代だからこそ、本当の価値やメリット経験中のタイミングは、疎かにすることができない販促のチャンスといえます。
ひとつの例として、買いもとめた販売品に付録という形で実装されてくる販促品があります。
本体の販売品と因果関係が非常に高いもの、あるいは存在価値を引き上げる販促品こそが、このチャンスを逃さないよう配布していくべきノベルティになります。
とりわけ、販売品やサービスのみの価値では満足できないこともあり得ます。
そうした場合に、販売品の付録を供したり、販売品につく特典を供したりすることで、おトク感を持たせることができます。

人気記事ランキング